社内チャットがメールよりも優れている点を説明できるようになろう

メールと社内チャットの比較

吹き出し

メールとどう違うの?

社内チャットを導入する上で一番よく上がるのがメールとどう違うのかという疑問です。もしも社内チャット導入を検討しているのであれば、的確な説明をしてみんなを納得させられるようにしておきましょう。

メールの時代からチャットの時代へ

メールは業務効率において社内チャットに劣る部分が多いので、時代の流れはメールからチャットへ移り変わっています。業務改革の時期を見誤らないようにしましょう。

違いを具体的に知る

下記にメールと社内チャットの具体的な違いを端的に挙げています。下記の内容をよく理解しておけば社員に説明するときも全く問題ないでしょう。全員で社内チャットの優れている点を共有し、メールから社内チャットへスムーズに移行しましょう。

チャットが優れているポイント

挨拶抜きでいい

メールだと定型文があったり、多少かしこまった文章を書かないといけないですが、社内チャットであれば、要点だけを簡潔に書けるので、文章を考えたりする時間が短縮できます。挨拶なども書かなくていいので楽ですよ。

誰が読んだかすぐわかる

既読機能がある社内チャットであれば、重要な案件を誰が読んでいて誰が読んでいないかすぐに把握することができます。メールだとちゃんと読んでくれたかのもやもやがつきものですが、チャットであればそんな心配がなくなります。

一瞬で共有

社内チャットはメールのように送信や受信に時間がかからず、大人数での情報共有を一瞬でできます。メールを開くのに数秒かかってイライラするという経験をしたことがある人は多いでしょう。社内チャットであればそんなイライラは解消できます。

メールのような宛先を探す手間が少ない

社内チャットはメールに比べると宛先を名前ですぐに探せるので手間がかからないです。メールだと宛先を探すのが面倒くさいですが、チャットであれば一瞬で検索できますし、グループ全体への送信であれば検索すら必要ありません。

メッセージの修正が可能

間違った内容でメッセージを送ってしまったり、内容を付け加えないといけないとき、メールであれば再度送り直しが必要でしたが、チャットであればメッセージの修正や消去ができるので、メッセージが乱立するなんていうことも防げます。

広告募集中